Top > 黄色い生きもの図鑑

黄色い生きもの図鑑本の中身を見る

黄色い生きもの図鑑

上野動物園元園長 小宮輝之(監修)/ネイチャー&サイエンス(編)

出版社:河出書房新社

動物

生物最強の毒を持つモウドクフキヤガエル、卵の黄身を落としたかのようなキイロテントウ、まるでバナナのような見た目のバナナナメクジ、オオゴマダラの黄金のさなぎ、ハナイカ、ウルトラマンホヤ…みごとな色彩、圧倒的な「黄色」を希少な生態写真と解説で紹介します。

 

 

 

関連キーワード

, , ,

スペック

発売日2015年7月17日
ページ数80(ページ)
サイズA5変形
定価1380円(税別)
  • お問い合わせ
  • アマゾンでこの本を購入する

カテゴリー

  • 植物
  • 宇宙と地球
  • 自然と文化

動物

2016:12: 3:12:00:

日本の美しい色の鳥日本の美しい色の鳥
  • エクスナレッジ
  • 大橋弘一(解説)/上田恵介(監修)

2016:11:20:12:00:

外来生物ずかん外来生物ずかん
  • ほるぷ出版
  • ネイチャー&サイエンス(編著)/五箇公一(監修)

2016:7:17:12:00:

奇界生物図鑑奇界生物図鑑
  • エクスナレッジ
  • エクスナレッジ
このカテゴリをもっと見る

TOPへ戻る

ページのトップへ